塩谷 哲 Profile

東京藝術大学作曲科出身。在学中より10年に渡りオルケスタ・デ・ラ・ルスのピアニストとして活動(93年国連平和賞受賞、95年米グラミー賞ノミネート)、並行してソロアーティストとして現在まで12枚のオリジナルアルバムを発表する。

自身のグループの他、小曽根真(p)との共演、佐藤竹善(vo)との”SALT&SUGAR”や上妻宏光(三味線)との”AGA-SHIO”の活動、リチャード・ストルツマン(cla)、渡辺貞夫(sax)、村治佳織(g)、古澤巌(vln)ほか多数のコラボレート、Bunkamuraオーチャードホール主催のコンサートシリーズ「COOL CLASSICS」(99年~01年)のプロデュース、オーケストラとの共演(2017年大阪交響楽団、2017&18年NHK交響楽団)等、活動のジャンル・形態は多岐に渡る。

近年は絢香のサウンドプロデュースに参加。メディアではNHK「名曲アルバム」にオーケストラ・アレンジを提供する他、NHK Eテレ「趣味Do楽“塩谷哲のリズムでピアノ”」(2014年)、フジテレビ系ドラマ「無痛-診える眼-」(2015年)、現在はNHK Eテレ音楽パペットバラエティー番組「コレナンデ商会」(2016年~)の音楽を担当している。

現在、国立音楽大学ジャズ専修准教授。(敬称略)